歯槽膿漏情報館 >> 歯槽膿漏情報 >> 歯槽膿漏は口臭の原因

歯槽膿漏は口臭の原因

歯槽膿漏は口臭の原因

口臭の原因となるものはいろいろありますが、その中で口膣内の病気があります。その口膣内の疾患の約80%が歯槽膿漏です。

歯槽膿漏は、成人のほとんどが罹っている口膣内の病気です。歯槽膿漏になりますと、どうして口臭がひどくなるのでしょうか。

歯槽膿漏になりますと、歯の根元がゆるくなって、その場所に食べかすなどが溜まりやすくなるわけです。そして、細菌が増殖して口臭がひどくなるわけです。

歯槽膿漏になって、歯ぐきから膿などが出るような状態に進行しますと、その膿が口臭の原因となります。

歯槽膿漏と診断されたと言いましても、すぐに口臭がするわけではありません。歯槽膿漏が進んでしまった場合に、口臭が発生してきます。

ですから、歯槽膿漏は自覚症状がないと言え、口臭がしてきましたら気付くはずです。

歯槽膿漏、そして口臭にならないためには、早期発見と早期治療が重要となります。

歯は健康だと自信のある人でも歯槽膿漏には罹りますから、定期的に歯科医院で検診を受けるべきでしょう。

歯槽膿漏の原因は、プラークという細菌の塊で、歯と歯ぐきの間にできる歯周ポケットにプラークが溜まりますと、細菌が増殖して口臭が発生してきます。

また、このプラークを放置しますと歯肉に炎症が生じて歯肉炎になり、さらに症状が進行して炎症が歯を支えている骨にまで及んだ状態を歯周炎と言います。

ここまで症状が進みますと、より口臭がひどくなってしまいます。

口臭が歯槽膿漏などの口腔内の異常が原因で発生している場合は、それらの治療と正しいケアの方法を身に付ける必要があります。

また、検査の結果、口の中の環境が原因でないと診断された場合は、それらの専門機関が紹介されることになります。

なお、日本では口臭治療のシステムがまだまだ整っていないそうです。

治療方法につきましては、歯槽膿漏の治療を施すことにより口臭の改善を図っていくことが主となっていて、口臭そのものの治療とは言えないようです。

歯槽膿漏情報館へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。

>福岡県 福岡市 歯科 歯周病 竹田歯科医院
>審美歯科 ホワイトニング 岡山
>栃木県 栃木市 歯科 鎌田歯科医院 ホワイトニングサロン
>歯科 岡山
>歯槽膿漏 歯周病
>インプラント 岡山
>愛媛県 伊予市 矯正歯科 優歯科オフィス
>栃木県 宇都宮市 歯科 ココ歯科クリニック
>千葉県 千葉市 歯科 矯正 幕張ドルフィン歯科
>愛知県 春日井市 歯科 森川歯科クリニック
>入れ歯
>神奈川県 横浜市 インプラント 矯正 柿山矯正歯科
>予防歯科
>矯正 岡山
>岡山 インプラント