歯槽膿漏情報館 >> 歯槽膿漏情報 >> GEM21S法

GEM21S法

GEM21S法

歯槽膿漏の治療方法に再生療法がありますが、その一つがGEM21S法です。

GEM21S法は、歯槽膿漏によって失われた骨を回復させ、しっかりとした骨組織を作ることを目的とした再生療法の一つですが、アメリカでは最新の再生療法と言われています。

このGEM21S法は健康保険適応外となっていますし、日本の厚生労働省の認可は下りていません。

現在は、さらに進化した第三世代の治療とされるGEM21S法という再生療法が行われています。

また、BMP−2という骨誘導成長因子を使用した薬を投与することにより、さらに確実な骨の再生ができるようになっています。

歯科クリニックによっては、材料を並行輸入で入手し、最先端の材料と技術を提供しているところもあります。

施術は、麻酔下で行われ、約1時間で終了し、痛みを伴うこともありません。

GEM21S法のメリットとして、エムドゲイン法のように、生物から精製していませんから未知の感染への懸念がありません。

エムドゲイン法とは違って液状でありませんから、詰め込むことが可能で、手応えがあります。

また、GBR法のよう膜を設置することも、それを取り除く再手術も不要ですし、根の分岐部の骨吸収にも有効とされています。

しかし、GEM21S法にも問題もしくは欠点はあります。β−TCP自体は、吸収しやすいものですから、長期の安定性は課題が残されています。

歯の周囲の一部分に骨の欠損がある場合は有効なのですが、歯の周囲の全体にわたって骨がない場合は、無効とされています。

また、効果が現れるのに半年はかかると言われています。

GEM21Sは、骨誘導因子PDGF(血小板由来成長因子)を化学的に産生し、それにβ-TCP(リン酸第三カルシウム)と混ぜ合わせることによって、β-TCPを足場としてPDFGが血管を造り、組織や骨を誘導していきます。

PDGFシリンジ溶液とβ-TCP顆粒を混合して使用されています。

データ的には、β-TCP単独使用の約3倍の骨誘導効果が認められているということです。

歯槽膿漏情報館へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。

>歯槽膿漏 歯周病
>栃木県 栃木市 歯科 鎌田歯科医院 ホワイトニングサロン
>入れ歯
>矯正 岡山
>愛知県 春日井市 歯科 森川歯科クリニック
>岡山 インプラント
>福岡県 福岡市 歯科 歯周病 竹田歯科医院
>神奈川県 横浜市 インプラント 矯正 柿山矯正歯科
>予防歯科
>愛媛県 伊予市 矯正歯科 優歯科オフィス
>栃木県 宇都宮市 歯科 ココ歯科クリニック
>歯科 岡山
>千葉県 千葉市 歯科 矯正 幕張ドルフィン歯科
>審美歯科 ホワイトニング 岡山
>インプラント 岡山