歯槽膿漏情報館 >> 歯槽膿漏情報 >> 歯槽膿漏とは

歯槽膿漏とは

歯槽膿漏とは

歯槽膿漏は、日本人の8割が罹患したことのある病気で、風邪のように自然に治ることは決してありません。

初期症状はほとんどなく、中程度以上に病状が進みますと歯肉からの出血や口臭などが見られるようになり、さらに進行しますと歯がグラグラし始め、噛めば痛みが伴い最後には抜け落ちてしまいます。

最近では、歯槽膿漏は心臓病、肺炎、あるいは低体重児出産などの全身疾患にも影響すると考えられています。

歯槽膿漏は、歯周病の症状名の一つです。歯槽膿漏は、歯周炎でもかなり進行した状態のもので歯ぐきから膿が出る症状です。

歯槽膿漏になりますと、歯がぐらついたり、硬いものが食べにくくなります。また、歯槽膿漏は口臭の原因にもなっています。

歯槽膿漏では、歯を支えている歯槽骨がかなり溶けてしまっている可能性が高いと言われています。

歯槽膿漏になる進行しませんと、歯科クリニックに行かない人も多くなっています。

歯槽膿漏になる前、歯肉炎のうちに歯科クリニックに通院して治療し、予防方法を学ぶべきでしょう。

歯槽膿漏は、歯を支えている骨がさまざまな原因で縮小し、歯ぐきの出血、腫れ、口臭、歯の揺れ、あるいは噛んだ際の痛みといった症状が出てくる歯ぐきの病気です。

歯槽膿漏を含む歯ぐきの病気は、世界でもっとも万延していて、世界人口の7割が何らかの歯ぐきの病気を抱えているそうです。

さらに、およそ9億人の人たちが深刻な歯槽膿漏に悩まされていると言われています。

歯槽膿漏には縁のなさそうな10代から20代の若者の大体60%が、もうすでに歯槽膿漏の予備軍である歯肉炎に罹っていると言われています。

この歯槽膿漏の厄介なところは、自覚症状がほとんどなく、また進行が遅いことから症状が軽く気が付かずに放置してしまうことが多くなっています。

そして、結果的には歯槽骨がボロボロになって、抜歯ということになります。静かなる病気、恐ろしい病気と言われる所以となっています。

歯槽膿漏情報館へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。

>愛知県 春日井市 歯科 森川歯科クリニック
>千葉県 千葉市 歯科 矯正 幕張ドルフィン歯科
>歯槽膿漏 歯周病
>矯正 岡山
>入れ歯
>歯科 岡山
>インプラント 岡山
>愛媛県 伊予市 矯正歯科 優歯科オフィス
>神奈川県 横浜市 インプラント 矯正 柿山矯正歯科
>岡山 インプラント
>福岡県 福岡市 歯科 歯周病 竹田歯科医院
>栃木県 宇都宮市 歯科 ココ歯科クリニック
>審美歯科 ホワイトニング 岡山
>予防歯科
>栃木県 栃木市 歯科 鎌田歯科医院 ホワイトニングサロン