歯槽膿漏情報館 >> 歯槽膿漏情報 >> 歯槽膿漏 治療薬

歯槽膿漏 治療薬

歯槽膿漏 治療薬

市販薬として、小林製薬から販売されている歯槽膿漏(予防、治療) 薬が、生葉ブランドです。

歯みがき薬には5種類の天然植物由来成分が配合されていたり、抗菌作用のあるヒノキチオールで病原菌を殺菌する作用があるということです。

また、塗って治す液体タイプの歯槽膿漏薬で生葉液薬があります。

歯茎の腫れや膿、口臭など、歯肉炎や歯槽膿漏によって引き起こされる口のトラブル対策に効果があるとされる治療薬です。

パラデントエースは、ヒノキチオールを主成分とする塗布タイプの歯槽膿漏の治療薬です。

歯ぐきからの出血を抑え、口臭を取り除き、歯茎の腫れや赤みを改善し、歯ぐきをひきしめて血行を良くします。

歯ぐきの腫れ、歯磨き後や食事後の出血、膿が出て口臭がきつい、といった症状が出ましたらこれでお手入れしてください。

それほど強力とは思えませんが、安価ですから予防と歯茎を鍛えるという意味で歯磨き後に塗布するのが良いと思います。

歯槽膿漏の治療薬として、アンチピオレーがあります。これは、次の症状を改善します。

歯茎の腫れ、歯茎の痛み、口臭、口内炎ができていて痛い、熱いものや冷たいものが歯にしみる、歯茎から出血や膿がある、歯茎がむずがゆい、口の中がネバネバする、歯が浮いて食べ物が噛めない、歯茎の炎症。

市販の歯槽膿漏治療薬として、よく知られたアセスというブランドもあります。

マウスウォッシュは、3種類の生薬(カミツレチンキ、ラタニアチンキ、ミルラチンキ)が歯槽膿漏や歯肉炎の原因となる嫌気性菌に対して優れた抗菌力を発揮し、口臭や口のネバネバ、そして腫れを鎮めてくれます。

歯槽膿漏に良い治療薬があります。それは、ジスロマック(別名アジスロマイシン)というものです。

1日1回2錠を3日間服用することにより、歯槽膿漏の原因となる細菌に対して強力な抗菌力を発揮する抗生物質です。

服用するのは3日間だけにもかかわらず、抗菌力は7〜14日間も持続するとあります。

強力な抗生物質ですと、副作用も気になります、ジスロマックは副作用のリスクも小さいと言われています。

歯槽膿漏情報館へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。

>岡山 インプラント
>インプラント 岡山
>神奈川県 横浜市 インプラント 矯正 柿山矯正歯科
>栃木県 栃木市 歯科 鎌田歯科医院 ホワイトニングサロン
>審美歯科 ホワイトニング 岡山
>愛媛県 伊予市 矯正歯科 優歯科オフィス
>歯科 岡山
>福岡県 福岡市 歯科 歯周病 竹田歯科医院
>矯正 岡山
>千葉県 千葉市 歯科 矯正 幕張ドルフィン歯科
>歯槽膿漏 歯周病
>入れ歯
>栃木県 宇都宮市 歯科 ココ歯科クリニック
>予防歯科
>愛知県 春日井市 歯科 森川歯科クリニック