歯槽膿漏情報館 >> 歯槽膿漏情報 >> 歯槽膿漏 治療

歯槽膿漏 治療

歯槽膿漏 治療

歯槽膿漏の治療は、状態の悪い歯ぐきをできるだけ良い状態の歯ぐきにもっていく治療とされています。

良くするためには、次のようなものが挙げられます。専門家による特殊なお掃除(スケーリング、ルートプレーニング、PMTC)。○家庭でのブラッシング。

日常生活の見直しと生活習慣の改善。麻酔をしての外科的な清掃処置。

噛み合わせや金属治療の修繕。といったように、症状に併せて必要な処置が行われていきます。

歯槽膿漏の症状が見られるにも関わらず、何のケアもせず放置しておきますと、症状は悪化の一途をたどり、最悪の場合、歯が抜け落ちたり、抜歯しなければならない状況に陥ります。

取り返しのつかない深刻な状況になる前に、少しでも早く治療を受けることが肝心です。

最近では、その歯槽膿漏にはある特定の常在菌が関係していることから、抗生物質や抗カビ剤などの薬を用いた治療を試みる歯科クリニックも多くなっているようです。

歯槽膿漏治療の基本は、一つはホームケアです。

家庭で本人が毎日行う歯や口の手入れのことで、セルフケアというものです。

二つ目は、プロフェッショナルケアです。歯科クリニックで医師や看護師、また歯科衛生士から受ける健康になるためのものです。

プラークコントロールに始まって、プラークコントロールに終わると言われています。

最近は、根治的治療から日常生活のQOLを向上させる医療にシフトしています。

歯科クリニックでの歯槽膿漏治療は、まずは歯槽膿漏の進行度検査が行われます。次に、スケーリング・ブラッシング指導が行われます。

続いて、ルートプレーニングが行われます。そして、再検査となります。

その結果、炎症が治まらず、歯がグラグラしている場合には、抜歯ということになってしまいます。

抜歯後は、入れ歯、部分入れ歯、あるいはインプラントなどの治療方法が選択肢として残されています。

こうならないように、歯槽膿漏は早期に治療を受けるようにしなければなりません。

歯槽膿漏情報館へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。

>栃木県 宇都宮市 歯科 ココ歯科クリニック
>福岡県 福岡市 歯科 歯周病 竹田歯科医院
>歯槽膿漏 歯周病
>入れ歯
>予防歯科
>栃木県 栃木市 歯科 鎌田歯科医院 ホワイトニングサロン
>神奈川県 横浜市 インプラント 矯正 柿山矯正歯科
>愛媛県 伊予市 矯正歯科 優歯科オフィス
>千葉県 千葉市 歯科 矯正 幕張ドルフィン歯科
>愛知県 春日井市 歯科 森川歯科クリニック
>岡山 インプラント
>矯正 岡山
>歯科 岡山
>インプラント 岡山
>審美歯科 ホワイトニング 岡山