歯槽膿漏情報館 >> 歯槽膿漏情報 >> 歯槽膿漏の治療法

歯槽膿漏の治療法

歯槽膿漏の治療法

歯槽膿漏の治療法の概要を紹介しておきましょう。歯科クリニックにおいて歯周ポケットの測定、レントゲン検査、噛み合わせの検査などを行って歯槽膿漏の進行具合をチェックします。

そして、検査結果を基に、歯の表面のプラークの除石をして、再びプラークがくっ付かないようにブラッシングの指導が行われます。

また、ルートプレーニングという歯肉の表面を麻酔して歯肉の内側の歯石をきれいに除去します。

ルートプレーニング後、改善の程度を調べるために一定期間後、再度検査が行われ、炎症がまだ残っていたり、症状の改善が認められない場合には、歯周外科手術あるいは歯周組織再生療法などが行われます。

歯槽膿漏もその根本原因を見つけ出し、適切な診断と総合的な治療を施しますと、かなり改善することが可能だと言われています。

歯槽膿漏は歯の動揺、歯茎の出血などが最初に現れてきますが、一般的に行われている歯槽膿漏の治療法は、ほとんどの場合、症状が現れたところだけ治療して終わりとする場合が多いようです。

近年では、歯槽膿漏の薬として抗真菌剤などを用いた治療法もありますが、総合的な治療との併用で効果が得られるようです。

どのような病気にも言えることですが、早期発見、早期治療が最善策です。歯周病は、歯と歯ぐきの境目に付着したプラーク中の細菌が原因で発症するものです。

ですから、プラークコントロールが最も効果的な原因除去療法となります。

実際の治療では、まず患者が毎日行えるブラッシングの効果を向上させるるために、専門家によるブラッシング指導が行われます。

次に、歯冠部に付着している歯石を除去して、歯の表面を機械的に研磨(PMTC)することによりプラークが付着しにくくします。

この段階で、歯肉炎や軽度の歯周病は改善するということです。歯科クリニックでの歯槽膿漏の治療法は、超音波の器具などを用いて歯石やプラークを除去するスケーリングという方法も取り入れられています。

歯槽膿漏情報館へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。

>歯槽膿漏 歯周病
>愛媛県 伊予市 矯正歯科 優歯科オフィス
>歯科 岡山
>神奈川県 横浜市 インプラント 矯正 柿山矯正歯科
>栃木県 宇都宮市 歯科 ココ歯科クリニック
>予防歯科
>インプラント 岡山
>栃木県 栃木市 歯科 鎌田歯科医院 ホワイトニングサロン
>矯正 岡山
>千葉県 千葉市 歯科 矯正 幕張ドルフィン歯科
>入れ歯
>愛知県 春日井市 歯科 森川歯科クリニック
>審美歯科 ホワイトニング 岡山
>岡山 インプラント
>福岡県 福岡市 歯科 歯周病 竹田歯科医院