歯槽膿漏情報館 >> 歯槽膿漏情報 >> 歯槽膿漏 予防法

歯槽膿漏 予防法

歯槽膿漏 予防法

歯槽膿漏にならないようにするには、正しい歯磨きをすることが何よりの予防法です。

歯ブラシの毛先を歯面に直角にあて、2〜3mm幅の小刻みな振動で磨きますが、振幅を大きくした横磨きにならないように注意してください。

歯の一つ一つに時間をかけて磨くことを心がけ、プラークを落とすようにしましょう。

歯磨きの際、歯垢染色液を利用したほうが効果が上がるでしょうし、歯槽膿漏用の歯磨き粉もありますから活用するのも良いでしょう。

なお、歯石につきましては、歯や根にしっかりとこびりついていますから、歯石を取るためには特殊な器具や装置が必要となります。

歯槽膿漏の予防法をいくつか挙げてみましょう。□歯ブラシは、毛束の脇腹で磨く人は硬い目を、毛先を使う人はやわらかいものを選択してください。

□歯科クリニックで定期検査を受けて、歯石を取ってもらいましょう。□歯ぎしりのひどい人は、早急に治療しましょう。

□歯ぎしりの原因となるストレスを溜め込まないようにしましょう。

□歯垢の状態を進行させる糖分を控えて、バランスの良い食事を心がけましょう。□歯と歯ぐきを鍛えるため、よく噛んでゆっくり食べましょう。

□歯ぐきの血行を促進させましょう。歯ぐきのマッサージやジョギング、水泳、サイクリングなども効果が期待できます。

歯槽膿漏予防法の決め手といわれるブラッシングですが、スクラビング法によるブラッシングを丹念に行うことにより、歯槽膿漏の進行をくい止めることができると言われています。

ブラシは、小さ目で毛が一番やわらかく、3列植毛を選択し、縦の部分も下の部分を半分から三分の一に切り落として、小さくしますとマッサージが大変楽になると言われています。

歯槽膿漏の予防法としましては、生活習慣の改善を図ることも大事です。

特に、喫煙者はタバコを止めない限り、歯槽膿漏治療が成功することはない、とまで言われています。

正しい食生活と十分な睡眠時間も歯槽膿漏の予防対策になるでしょう。

歯槽膿漏情報館へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。

>予防歯科
>栃木県 宇都宮市 歯科 ココ歯科クリニック
>福岡県 福岡市 歯科 歯周病 竹田歯科医院
>矯正 岡山
>歯科 岡山
>千葉県 千葉市 歯科 矯正 幕張ドルフィン歯科
>インプラント 岡山
>歯槽膿漏 歯周病
>審美歯科 ホワイトニング 岡山
>岡山 インプラント
>栃木県 栃木市 歯科 鎌田歯科医院 ホワイトニングサロン
>愛媛県 伊予市 矯正歯科 優歯科オフィス
>神奈川県 横浜市 インプラント 矯正 柿山矯正歯科
>愛知県 春日井市 歯科 森川歯科クリニック
>入れ歯